読売新聞デジタルの料金・ログインやその他情報

読売新聞

「読売新聞」は140年以上の歴史を誇る大手新聞社で、他の新聞社でも取り入れられているデジタル新聞も有名です。

読売新聞デジタルサービスを受けるためには「読売ID」というものに登録しなくてはいけません。他の会社のデジタル新聞となんら遜色はなく、新聞記事の内容を深く理解することができるコラムも存在するのです。

読売IDを使って購読できる「読売プレミアム」は、インターネット上でボタンを押すだけでその記事の詳細を把握できます。経済、社会、芸能、スポーツ等非常に幅広いニュースを購読することができるのです。

今回は、読売新聞デジタルの会員登録方法や料金について紹介していきます。


スポンサーリンク

会員登録やログイン方法について

読売新聞デジタルに会員登録するには、以下の方法を試してください。

① 読売新聞デジタルの公式HPにアクセス
② 公式HPに「読売ID新規登録」という項目があるので、クリック
③ 新規登録のためにメールアドレスを入力し、その後個人情報を入力し、読売IDを取得
④ その後、読売プレミアムに登録
という方法がおすすめです。

また、会員登録をした後はログインすることが必要です。ログインの方法に関しては、公式HPトップに「登録情報入力」という項目があるので、そこをクリックしてください。自動的にログイン画面に飛ぶことができます。


スポンサーリンク

料金について

読売新聞デジタルを購読する場合、「購読料+150円(税抜き)」の料金が必要です。

読売新聞の購読料は、朝刊と夕刊両方取っている場合は「4,037円(税込み)」に150円+します。朝刊のみの場合は、「3,093円(税込み」に。150円+されます。

非常に良心的な値段なので、今は紙しか購読していない人でも、新聞の電子化に踏み込むための敷居が低いことを示しています。ぜひ、読売IDに登録してみてはいかがでしょうか。

解約手順について

読売ID及び読売プレミアムの解約手順はこちらです。

① ログインする
② ログイン後、ユーザ設定から「有料サービス登録情報及び解約」を選択
③ 解約及び退会する
という方法をとってください。

読売新聞デジタルの公式HPは、こちらとなります。
https://my.yomiuri.co.jp/

また、読売新聞プレミアムに登録することで、有料サービスを受けることができるようになります。

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/list_%2523IMPTNT

読売IDを発行することによってさまざまな恩恵があることを力強く紹介してくれています。読売新聞の良さを存分に理解できるでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください